雇用環境の変化への対応 ○1

人材紹介の仕事をしている中で、非正規社員として働いている人が正規社員として雇ってもらえる仕事に転職をしたいという相談が多くあります。しかし、その人たちは何の技術も資格もないのです。しかも経歴は単純作業しかしてきていない人が多いのです。このような人を正規社員として雇う企業は多くないのですが、それが理解できていないのです。そんな中でも比較的正規社員としての可能性がある業種の介護関係などを紹介すると賃金が今の非正規社員としての働いている方が高いので断られたりするのです。こう言う考えの人たちが今の雇用問題を生み出しているのです。今、企業は優秀な人材の確保に向けて動いています。それは労働人口の減少が進んでいるからです。また優秀な人材が減少しているのもあります。その一方で何の技術も資格も経験もない人が自分の状況も理解せず理想ばかりを唱えて、文句を言っているのは雇用のミスマッチ以前の問題になってしまっています。

ライブチャット

日本橋 風俗